【世界遺産の旅】シンガポール・ボタニック・ガーデン(シンガポール)

【世界遺産の旅】シンガポール・ボタニック・ガーデン(シンガポール)

こんにちは。あさうみです。

ピースボートで行く世界一周、2ヵ国目はシンガポール。

シンガポールはみんな大好きマーライオンをはじめ、展望プールで有名なマリーナ・ベイ・サンズ、近未来的な人工植物園ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、異文化共存の象徴であるチャイナタウンやリトル・インディアなどなど!人気観光スポットが点在しています。

そのなかでシンガポール唯一の世界遺産は、、言ってしまえばちょっと地味(笑)

ですが、この世界遺産がなければ今日のシンガポールの発展はなかったかもしれない……地味にスゴい場所なのです!それでは早速ご紹介!

世界文化遺産「シンガポール・ボタニック・ガーデン」

シンガポール・ボタニック・ガーデン(以下ボタニックガーデン)は、イギリス植民地時代の熱帯植物園として1859年に設立されました。

ボタニックガーデンは東南アジアを中心に進められたゴムのプランテーション栽培と深い関係があり、ゴム産業の発展に大きく貢献、シンガポールの経済発展を支えました。

現在においても近代の世界最高レベルの科学機関で、植物保存と教育の重要な拠点であり続けています。

ボタニックガーデンの敷地面積は南北に細長い52ヘクタール、これは東京ディズニーランドと同じくらいの面積に相当します。植物園にはいくつもの道があり、一周するだけでも3~4時間はかかります。

シンガポールの中心地にあるボタニックガーデンは散歩やジョギング、ヨガ、ピクニックなどを行う憩いの場所として人々に親しまれています。

ボタニックガーデンの見どころ

広大なボタニックガーデンをすべて見て回るのは大変なので、ここからはオススメエリアを紹介していきたいと思います!

ナショナル・オーキッド・ガーデン

ボタニックガーデンでは、ランの交配研究が盛んに行われていました。

その研究成果を見ることができるのがナショナル・オーキッド・ガーデン。およそ60,000株のランが展示されている世界最大級のラン園です。

見たこともない色、形をしたランが咲き乱れています。

ランと私。

ランのアーチ。展示方法にも工夫が施されているように思いました。

ナショナル・オーキッド・ガーデンは入場料500円がかかりますが、払う価値アリの魅惑エリアです!

 

ジンジャー・ガーデン

ナショナル・ボタニック・ガーデンに隣接するジンジャー・ガーデンでは、その名の通りショウガ目の花々を見ることができます。

上の写真はショウガ目バショウ科のムセラ ラシオカルパという花。バナナの仲間らしいです(バナナってショウガに分類されるんだ……)。

蓮の花と似た形をしていることから地湧金蓮(チユウキンレン)とも呼ばれているそうです。かっこいい名前。

ボタニックガーデンでは多種多様な植物を見ることができますが、そのなかでもムセラ ラシオカルパはひときわ存在感がありました。「星が咲いてるー!」って感じで駆け寄りました。

まとめ

シンガポール・ボタニック・ガーデンは、

技術の発展において重要な文化の価値観の相互交流を示す遺産

建築様式や建築技術、科学技術の発展段階を示す遺産

という2つの登録基準が評価され、2015年にシンガポール初の世界文化遺産として登録されました。

 

東南アジアの豊かな植生と都市文化が融合したシンガポール。みなさんも是非、近未来都市のエコスポットを訪れてみてください。

 

(参考資料:『世界遺産大辞典〈上・下〉』世界遺産アカデミー、『地球の歩き方』地球の歩き方編集室)

ランキングに参加しています。バナーをポチっとするとポイントが入ります。応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください