1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. Travel
  4. 【世界遺産】アユタヤ遺跡の魅力|ツアーで楽々&効率よく巡る観光スポット
【世界遺産】アユタヤ遺跡の魅力|ツアーで楽々&効率よく巡る観光スポット

こんにちは。あさうみです。
今回はタイの世界遺産「アユタヤ遺跡」をご紹介します。

※本記事はプロモーションが含まれています。

\今なら期間限定10%OFF!アユタヤ遺跡を快適に巡るなら/

KKdayのアユタヤ遺跡ツアーを見てみる
世界文化遺産

アユタヤと周辺の歴史地区

アユタヤと周辺の歴史地区

タイの首都バンコクから北へ約80kmに位置するアユタヤは、14世紀半ばに開かれたアユタヤ王朝の都です。

アユタヤは「平和の都」を意味し、約400年にわたって繁栄しました。

アユタヤ王朝は15世紀にクメール人のアンコール朝を滅ぼし、その後スコータイを併合すると、インドシナ半島の中部まで勢力を拡大します。

最盛期を迎えた17世紀にはヨーロッパやアジア諸国と活発な交易を行い、世界中から商人や宣教師・冒険家・傭兵などが集まりました。

「東洋のベニス」と謳われたアユタヤには運河が張り巡らされ、たくさんの船が行き交いました。

日本も朱印船貿易の相手国として交流があり、アユタヤの日本人街には1500人以上が居住していたそうです。

頭部が切り落とされた仏像

しかし、1767年のビルマ(現在のミャンマー)軍の侵攻によってアユタヤ王朝は滅亡。
王宮や寺院は徹底的に破壊され、栄華を誇ったアユタヤは廃墟となってしまいました。

現在のアユタヤ遺跡には頭部が切り落とされた仏像が無数にあり、戦禍の爪痕が伺えます。

アユタヤは400年続いた王朝・国際都市の栄枯盛衰を示す遺跡として、1991年に世界文化遺産に登録されました。

世界遺産への登録理由
  • 文化的伝統や文明の存在に関する証拠を示す遺産

アユタヤ遺跡の必見観光スポット

アユタヤの寺院遺跡はチャオプラヤー川周辺に点在しています。

寺院はタイ語で「ワット」といい、「ワット・〇〇」という形で寺院の名称を表します。

私はKKday(ケーケーデイ)のアユタヤ遺跡ツアーに参加し、アユタヤ観光で欠かせない4つの遺跡を見学しました!

ワット・プラシーサンペット

ワット・プラシーサンペット

ワット・プラシーサンペットは、世界遺産に登録されているアユタヤ遺跡群のなかで最も重要な寺院とされています。

もともとはアユタヤ王宮内にあり、宮中行事が執り行われていました。

プラ・プラーン様式の仏塔

最大の見どころは、プラ・プラーン様式という砲弾状の高い塔が特徴の仏塔です。

建ち並ぶ三つ仏塔には、三人の王の遺骨が納められています。

ワット・プラシーサンペット(วัดพระศรีสรรเพชญ์)
住所
9H45+963, Tambon Pratuchai, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
営業時間
8:00-18:00
入場料
50THB

ウィハーン・プラモンコンボピット

ウィハーン・プラモンコンボピット

ウィハーン・プラモンコンボピットは前述のワット・プラシーサンペットに隣接した寺院です。

アユタヤ中心部で最も参拝者が多い寺院であり、堂内には東大寺の大仏よりも大きい、高さ17mのブロンズ仏像が安置されています。

高さ17mのブロンズ仏像

一度はビルマ軍によって破壊されましたが、1955年に修復されました。
その際、仏像の体内からは何百体もの小さな仏像が発見されています。

堂内にはこうした仏像や戦禍の記録なども展示されています。

ウィハーン・プラモンコンボピット(วิหารพระมงคลบพิตร พระนครศรีอยุธยา)
住所
9H34+GV8 ประตูชัย Naresuan Rd, Pratu Chai Sub-district, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
営業時間
8:00-18:00
入場料
無料

ワット・マハタート

ワット・マハタート

ワット・マハタートは、仏陀の遺骨を納めるために建立したとされる13世紀の寺院です。

かつては黄金に輝いていた寺院も、ビルマ軍の侵攻により廃墟となりました。

菩提樹の根に埋もれた仏頭

現在では菩提樹の根に埋もれた仏頭や首のない仏像、崩れ落ちたレンガの壁や礼拝堂の土台を残すのみとなっています。

ワット・マハタート(วัดมหาธาตุ)
住所
9H49+P85 Wat Mahathat, Naresuan Rd, Tha Wasukri, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
営業時間
8:00-18:00
入場料
50THB

ワット・チャイワッタナラーム

ワット・チャイワッタナラーム

ワット・チャイワッタナラームは、アユタヤ王朝第24代国王プラサート・トーンが亡くなった母を偲んで建立した寺院です。

カンボジアのアンコール・ワットに似た建築様式であることから、カンボジアとの戦争に勝利を収めたことを記念して建立されたという説もあります。

チャオプラヤー川のリバークルーズからも眺めることができ、アユタヤで最も美しい寺院遺跡のひとつです。

ワット・チャイワッタナラーム(วัดไชยวัฒนาราม)
住所
9H49+P85 Wat Mahathat, Naresuan Rd, Tha Wasukri, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
営業時間
8:00-18:00
入場料
50THB

ワット・ロカヤスタ

ワット・ロカヤスタ

ワット・ロカヤスタには80歳で入滅した仏陀の姿を表した寝釈迦仏があります。

全長28m・高さ5mの巨大な寝釈迦仏は草原に悠々と寝そべっています。

小さな寝釈迦仏

アルカイックスマイルは、なんだか穏やかな気持ちにさせてくれます。

寝釈迦仏の手前にある小さな寝釈迦仏には金箔が貼られており、願掛けスポットとしても人気です。

ワット・ロカヤスタ(วัดโลกยสุธา)
住所
9H43+65G ถนน อู่ทอง Tambon Pratuchai, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
営業時間
8:30-16:30
入場料
無料

KKdayのアユタヤ遺跡ツアー

KKday公式ページ

アユタヤ遺跡は個人でまわることも可能ですが、バンコク-アユタヤ間の交通手段の確保・アユタヤでのトゥクトゥク手配・各遺跡でのチケット購入などを行う必要があります。

また、タイは年間を通して暑いので、猛暑のなか自力で観光するのは想像以上に大変です。

私も普段は個人で観光することが多いのですが、アユタヤ遺跡に関してはツアーで巡ることをおすすめします!

KKdayのツアーに参加するメリット
・宿泊先のホテルまで迎えに来てくれる
・アユタヤ遺跡を知り尽くした日本語ガイドが帯同してくれる
・冷房の効いた車で移動&休憩できる
・フリーウォーター&昼食付き

アジア最大級のツアー予約サイトKKday(ケーケーデイ)のツアーは朝早くに出発しますが、バンコク中心部に宿泊している場合は宿泊先のホテルまで迎えに来てもらえます。

ツアーには日本語が堪能な現地ガイドさんが帯同し、アユタヤの歴史や遺跡の解説を聴くことができます。
遺跡をただ眺めるだけでなく、そのバックグラウンドも学べるのはガイドツアーならではの体験です。

また、ツアーは常に団体行動をするわけではなく、遺跡ごとに自由時間も設けられています。
時間配分や段取りもばっちりで、とても快適な遺跡観光となりました。

ローカルな食堂

遺跡観光が終わると、バンコクに戻る前にローカル食堂で昼食を取ります。
上の写真は屋外席の様子ですが、ツアー客は冷房の効いた室内で食べられるのでご安心を。

昼食のメニューはガパオライスやパッタイなど、数種類のタイ料理から好きなものを選べます。
近くの屋台でヤシの実ジュースを買うこともできるようです。

「アユタヤ遺跡、どうやって巡ろうかな…」とお悩みの方は、ぜひKKdayのアユタヤ遺跡ツアーを検討してみてください!

\今なら期間限定10%OFF!アユタヤ遺跡を快適に巡るなら/

KKdayのアユタヤ遺跡ツアーを見てみる
参考文献
世界遺産検定事務局「すべてがわかる世界遺産大事典 – 世界遺産検定1級公式テキスト」, 株式会社マイナビ出版, 2016年
TRANSIT編集部「TRANSIT Travel Gide Thailand」, ユーフォリアファクトリー, 2023年

Pick Upピックアップ